技能実習生が日本で安心して暮らすために注意すべき3つのポイント

「技能実習生が日本に打ち解けられるようにするには、どうすればいいのだろう…」

近年、IT化や少子高齢化などによって、労働力が減少傾向にある産業が増えています。特に農業や漁業、介護業界などでは顕著に現れているのが現状です。

そこで注目が集まっているのが技能実習生としての外国人の雇用なのです。

とはいえ、技能実習生の雇用を本格的に考えていても、冒頭にあるような悩みをもっている企業の方はいるはずです。

本記事ではそんな方に向け、技能実習生が日本に打ち解けられやすくするために注意すべきポイントをお伝えしていきます。

スムーズに打ち解けることができれば、業務においても本来の力を発揮しやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

1:需要が高まっている外国人労働者

少子高齢化やIT化、グローバル化など様々な要因から、今の日本では労働力人口が著しく減少しています。

従来であれば主要産業であった農業や漁業、林業や介護などでは特に労働力減少の問題に直面している状況です。

そんななか、白羽の矢がたったのが「外国人労働者」というわけです。

外国人労働者を雇用するには手続きなど、めんどうな部分はありますが、以下のように多くのメリットを得ることもできます。

  • 優秀で熱心な労働力の確保
  • 新しい考え方による業務活性化
  • 海外進出への大きな戦力
  • 仲間でありライバルでもある人材が入社することによる、社内活性化
  • 従業員の外国語レベル向上

これから先の社会では国という枠を超えて成果を残すことが必要になってきます。

この時代に乗り遅れないためにも、今のうちに外国人労働者に対する知識を深めることも必要なことなのです。

2:技能実習生とは

技能実習生とは、発展途上国などから日本へスキルを習得しに来ている人材のことを指します。

技能実習生を雇用する目的は即戦力の確保ではなく、スキルを取得してもらい、母国に還元してもらうことです。

そのため、即戦力としての外国人労働者を雇用したい場合は「特定技能」での採用が必要になってきます。

とはいえ、技能実習生もスキルを習得するために熱心に働いてくれるので、雇用する目的によって特定技能にするか、技能実習にするか判断しましょう。

どちらにせよ、外国人労働者であることには変わりありません。

外国人が日本で安心して打ち解けられるような環境を作り出すことも、企業のやるべきことなのです。

3:技能実習生が日本で暮らす際、企業が注意すべき3つのポイント

技能実習生を雇用する際に、日本で打ち解けやすくなれるような環境を作り出すことは企業がやるべき項目の1つです。

スムーズに暮らせるようになればストレスなく働けるため、本来の力を発揮しやすくなるのです。

ここではそんな環境を作り出すために、企業が注意すべき以下の注意点を解説していきます。

  • 働きやすい環境の整備
  • 住居の提供もしくは契約への同行を行う
  • 技能実習生の母国文化への理解

どれも重要な項目なので、理解したうえで進めていくようにしましょう。

注意点①:働きやすい環境の整備

技能実習生が働きやすい環境を整備することはとても重要です。

私たちもアメリカや中国に行くとなれば、職場が働きやすい環境にあるかどうかは大事ですよね。

それは技能実習生も同じ思いなのです。

具体的にすべきこととしては

  • その国の文化や言語を理解している人をつける
  • 資料や社内掲示板の母国語版を作る
  • 日本人社員とコミュニケーションを取れる時間を作る

などがあります。

自分たちが逆の立場になったら。ということを考え、親切な対応を心がけましょう。

注意点②:住居の提供、もしくは契約への同行を行う

社内で働きやすい環境を作ることと同じように、暮らしの部分においても配慮が必要です。

そのため住居の提供、もしくは契約への同行を行うようにしましょう。

多くの外国人が住んでいる日本ですが、外国人ということで契約させてくれない不動産は今だにあるのが現状です。

安心して帰れる住居がなければ、仕事以外にストレスがかかっていまいます。

だからこそ、企業は責任をもって安心して過ごせる空間を作れるようにしましょう。

住居サポートについては、下記の記事も参考にしてください。

注意点③:技能実習生の母国文化への理解

日本には日本の文化があるように、外国には外国の文化が存在します。

そのため、技能実習生の母国文化への理解を事前に深めていなければ、後々のトラブルに繋がりかねません。

実際、ミャンマーのように挨拶がない国もあれば、ギリシャのようにピースは侮辱的な表現になるなど、知らなければ無意識にトラブルへと繋がりかねませんよね。

だからこそ、技能実習生の母国文化に関しては事前にチェックしておきましょう。

まとめ

本記事では技能実習生が日本で打ち解けやすくするため、企業が注意すべきポイントをお伝えしてきました。

社内のみならず、住居などの暮らしに関するサポートを行うことで、技能実習生はより安心して暮らせるようになります。

日本人採用とは違う部分はあるにしろ、外国人の雇用は多くのメリットを得られます。

労働力が減少している今だからこそ、技能実習制度をうまく利用しながら活かすことが重要になるのです。

ONE TEAMプロジェクトでは、外国人の受け入れ1万人を目指して活動しています。

外国人雇用に興味のある企業様、現状の外国人採用に不満をお持ちの企業様は、ぜひ下記よりお問い合わせくださいませ。

おすすめ記事