【どうして外国人労働者が増加しているの?】その理由を徹底的に解説

皆さんは、これまでに一度は日本のコンビニエンスストアや、チェーン店などで働いている外国人労働者を見かけたことがあると思います。実際に、現在コロナウイルス感染拡大が真っ只中でも、日本で働く外国人労働者は右肩上がりに増えています。そこで、今回の記事では外国人労働者が年々増加している理由を徹底的に解説していきたいと思います。

1:外国人労働者が増加している3つの理由

では、最初に日本で働く外国人労働者が増加している理由を3つお話していきます。外国人労働者が増加している理由は以下の3つになります。

外国人労働者 増加 理由

  • 日本の労働者不足を解消
  • グローバル化
  • 国が外国人労働者を支援

1つずつ、見ていきましょう。

①日本の労働者不足を解消するため

まず1つ目の理由は、日本の労働者不足を解消するためです。皆さんもご存知の通り、現在日本は少子・高齢化社会を迎えており、日本の労働者は年々減少している状態です。日本人の労働者だけでは、日本の労働者不足を解消することが困難な時代に突入していることから、日本では外国人労働者を雇用しない限り、日本の労働者不足を補うことが出来ません。

②グローバル化

2つ目の理由はグローバル化に伴い、日本人と外国人が協働しながらビジネスを行う企業が増えてきていることから、母国に留まらず世界中で働くことが出来る環境が整いつつあるからです。

③国が外国人労働者を支援している

最後の3つ目の理由は、国が外国人労働者の雇用を支援し始めているからです。先ほどもお話した通り、少子高齢化が進んでいる日本では、外国人労働者なしでは労働人口を補うことが出来ません。そこで、日本の労働者不足を解消するために日本政府が、外国人労働者の支援をしています。具体的な支援としては、仕事を探している外国人を対象に、母国語でお仕事を紹介したり、相談に乗ったりする窓口を設けています。また、厚生労働省のホームページには、外国人労働者が日本で働くにあたって必要な情報を公開しています。

2:外国人労働者にとって、日本が人気なワケ

では次に外国人労働者にとって、日本が労働の場所として人気なワケを見ていきましょう。

外国人労働者 増加 理由

①高給与

まず、1つ目は外国人にとって日本の給与が高給与だからです。日本と比較して、経済が発展していないアフリカ諸国の労働市場は、極めて乏しい状況です。どれだけ長時間・重労働をしても、家族を支えるための収入にはほど遠いのです。そこで、日本で働くことで、家族を支えるための十分な収入を得ることが出来ると考えられています。

②福利厚生が手厚い

2つ目は、日本の企業の福利厚生が手厚いことです。日本のほとんどの企業には、社員に対して社会保険、雇用保険、火災保険、労働保険などの保険が予め設けられています。また、このような保険だけに留まらず、リフレッシュ休暇や、女性特有のエフ休暇、連続勤務休暇など、私生活を充実させるための福利厚生もあります。このような条件下で働けることは、外国人労働者にとって非常に魅力的なことなのです。

③キャリアアップを目指せる

3つ目は、キャリアアップを目指したいと考えている外国人労働者にとって、良い環境であるからです。日本は世界トップクラスで最先端・ハイレベルなビジネスに取り組んでいます。日本で働くことによって母国では中々培うことが出来ないような、スキルを身に付け、自分のキャリアに磨きをかけることが出来ます。日本では労働力が不足していることから、さまざまな業界・業種の求人があります。まさに、キャリアアップのために、多種多様な業務を経験したい外国人労働者にとって理想の環境です。

3:外国人労働者は、今後も増加し続けるの?

では、最後に外国人労働者は、今後も増加し続けるのかを見ていきましょう。

外国人労働者 増加 理由

結論から言いますと、外国人労働者は今後も増加し続けます。なぜならば、何度もお話している通り、少子高齢化の日本では、日本人労働者だけでは労働者不足を補うことが出来ない状況になっているからです。AIによって人の仕事が奪われ始める時代に突入しているとはいうものの、まだまだ人によってしか出来ない仕事はたくさんあります。今後も、外国人労働者と日本人労働者が協働することによって、日本の経済を支えていく必要性があります。

まとめ

今回の記事では、外国人労働者が年々増加している理由を徹底的に解説してみました。いかがだったでしょうか?今後も、日本で働きたい外国人労働者が増えて続ける傾向があります。日本の経済を支えるためには、外国人労働者の雇用が必須な時代になりつつあります。この記事を読んで、少しでも外国人労働者の雇用を視野に入れようと思った方は、ぜひ下記よりお気軽にお問い合わせください。

おすすめ記事